ミネラルってよく聞くけど実際にはどんなもの?

熱中症予防にミネラルがいいとか、天然水にミネラル入りなんて文字をよくみかけますよね。
その、ミネラルって何か知っていますか?

*人間の5大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)
*人体の構成元素 (炭素C、水素H、酸素O、窒素N)96%+ミネラル4%

つまり、生きるために必要な栄養素です。 でも・・・ミネラルの中身はなに?

・カルシウム
・鉄
・亜鉛
・リン
・カリウム
・イオウ・ナトリウム
・塩素
・マグネシウム
・銅
・ヨウ素
・セレン
・マンガン
・モリブデン
・クロム
・コバルト

ちょっと驚きませんか?人間って、銅とか、マグネシウムとか、鉄とかまるでロボットのよう。
実は少量でもこれらがたりなくなるといろいろな症状がでてくるのです。
鉄は血、亜鉛は味覚や元気、カルシウムは骨や神経、銅は鉄とヘモグロビンのつなぎ役、マグネシウムは酵素のサポート、セレンはサビ対策、クロムは糖質や脂質対策、マンガンは骨作りや節々の元気に、ヨウ素は成長やエネルギー代謝、モリブデンはエネルギー代謝とふらふら対策などなど。
問題は、ちょっと「たりない」が体がスムーズに動かない原因かも。食事で補えられれば一番いいのですが、銅やセレン、コバルト・・・って何に入っているの?そんな時に、「ミネラル」という感じで一つになっているものを摂取するのもいいと思います。 ミネラルって人間に欠かせないものですね・・・。